2018年花祭4月8日     恩田侑布子講演会(東京)のお誘い

 おかげさまで、伊丹市での桂信子賞受賞記念講演に思いがけないご好評を頂き、「ぜひ東京でも」と黒田杏子先生(桂信子賞選考委員)よりお誘いを受け、以下のように藍生俳句会の皆さまのお力添えによって再演させていただく運びとなりました。
 講演内容は、フランス3都市で好評を博した講演の東京初演となります。
 お忙しいところ恐縮ですが、ご光来いただければ幸甚に存じます。                    恩田侑布子

20180408 東京 講演会
                               photo by 侑布子


演 題  「花と富士 日本の美と時間のパラドクス」
講 師  恩田侑布子 俳句朗読と、パワーポイントによる講演

と き  平成30年4月8日(日) 15時〜16時半頃
ところ  文京シビックセンター3階 会議室
     〒112-0003 東京都文京区春日1丁目16−21
     東京メトロ後楽園駅・丸ノ内線(4a・5番出口)南北
     線(5番出口)徒歩1分 
     都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセ
     ンター連絡口)徒歩1分
     JR総武線水道橋駅東口徒歩9分
文京シビックセンター 20180408主 催  「藍生」俳句会(黒田杏子主宰)  
聴講料   一般無料

◯ おんだ・ゆうこ プロフィール
昭和31年静岡市生まれ。俳人・文芸評論家。2013年芸術評論『余白の祭』で第23回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。翌年1月パリ日本文化会館での記念講演「感情の華 恋と俳句」が好評を博す。同12月、パリ日本文化会館客員教授として再渡仏。コレージュ・ド・フランスでの講演「俳句・他者への開け」、リヨン第Ⅲ大学・エクスマルセイユ大学・パリ日本文化会館での講演「花の俳句 日本の美と時間のパラドクス」が熱く迎えられる。2016年度芸術選奨文部科学大臣賞を句集『夢洗ひ』で受賞。2017年現代俳句協会賞、2018年桂信子賞を受賞。他句集に『イワンの馬鹿の恋』『振り返る馬』『空塵秘抄』。「樸(あらき)」代表。現代俳句協会賞選考委員。日本文藝家協会会員、国際俳句交流協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です