著作・連載 | 樸(あらき)俳句会 Araki-Haikukai

著作・連載

●恩田侑布子の著作について紹介いたします。

句集 『イワンの馬鹿の恋』

イワンの馬鹿の恋

2000年 ふらんす堂刊

18歳からの258句を集めた第1句集。

句集 『振り返る馬』

振り返る馬

2005年 思潮社刊

 古典を踏まえたしなやかで豊饒な俳句の地平。 
 『イワンの馬鹿の恋』から五年、待望の第二句集。
 2005年夏までの406句を収める第2句集。

句集 『空塵秘抄』

kusyu_03

 2008年 角川書店刊

 柔らかな作風でありながら、俳句という詩型の可能性を追求する
 強固な意志によって支えられた独自の発想。注目の俳人が贈る第3句集。

評論 『余白の祭』

yohakunomaturi

2013年 深夜叢書社刊

(第23回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作品)

句集 『夢洗ひ』

yumearai

2016年 KADOKAWA刊

2008年から8年間の約300句を収める第4句集。現実と夢幻の間に立ち上がる世界を言葉の雫で鮮やかに描き出す。評論集『余白の祭』でドゥマゴ文学賞を受賞し、一層の活躍が期待される著者の詩情豊かな最新句集。

●恩田侑布子の連載について紹介いたします。

・「水、 呼び交わす」、『墨』(芸術新聞社)、2015年1・2月号~現在。俳句を中心とした日本文化論。

・「土のうた」、『ひととき』(株式会社ウェッジ)、2016年1月号~現在(クォーターで連載)。

第1回 佐渡の大地から生まれる 赤と黒の緊張 無名異焼 伊藤赤水
 

・朝日新聞 俳句時評、2016年4月~現在。