代表・恩田侑布子について | 樸(あらき)俳句会 Araki-Haikukai

代表・恩田侑布子について

恩田侑布子写真
石塚定人撮影

 

恩田侑布子(おんだ ゆうこ)

1956年静岡市生まれ。静岡高校時代に俳句と短歌を始め、毎日新聞の飯田龍太特選入選、高安国世入選を重ね、早稲田大学第一文学部へと進む。
が、幼少期からの両親の確執は「ことば」の不信感を招き、大学卒業と同時にことばから出家。
志戸呂焼きに魅せられ、茶陶作家を志し、土と石と木灰と火に向き合いながら20代の大半を過ごす。
28歳の時、病にかかったことで陶芸家を断念。病床のなかでことばと出会い直し、俳句を再開することとなる。
以降、種村季弘・池内紀・平賀敬らの「酔眼朦朧湯煙句会」、草間時彦捌の連句「木の会」の句座を楽しみながら、特定の結社に所属することなく、古くから培われてきた俳句の土壌を耕しつつ、新たな種を植えるべく、各方面で精力的に活躍中。俳句を日本文化や思想のなかで広くとらえ直そうとしている。
2014年1月と12月、パリ日本文化会館客員教授として、フランス3都市の大学で、俳句と日本文化についての5講演を行った。2015年1月から「墨」(芸術新聞社)に俳句と日本文化のエッセイ「水、呼び交わす」を連載中。2016年1月・4月・7月・11月号「ひととき」(㈱ウェッジ)に日本の陶芸家を探訪する「土のうた」を連載中。2016年4月から「朝日新聞」俳句時評を毎月執筆。
現在「あらき(樸)俳句会」代表、「豈」同人、現代俳句協会会員、日本文藝家協会会員、国際俳句交流協会会員、SBS学苑俳句講師。
句集に『イワンの馬鹿の恋』『振り返る馬』『空塵秘抄』。2016年8月、第Ⅳ句集上梓予定。
俳句・芸術文化評論集に『余白の祭』。他に共著多数。