7月7日 句会報と特選句

7月1回目の句会。本日は七夕。静岡市清水区の七夕祭も今年で65回目になります。
兼題は「バナナ」と「虹」。特選2句、入選2句、原石賞2句、シルシ9句という結果でした。
高点句を紹介していきましょう。

掲載句の恩田侑布子の評価は次の表記とします

◎ 特選  〇 入選 【原】 原石 △ 入選とシルシの中間  ゝ シルシ

photo by 侑布子
photo by 侑布子

◎ 虹の橋袂めざして走れ走れ    久保田利昭
◎ アリランの国まで架けよ虹の橋  杉山雅子
(下記、恩田侑布子の特選句鑑賞へ)

〇置き去りのバナナ昭和の色となる 萩倉 誠

合評では、
「こういう発想は今までなかったのではないか。“置き去り”が分かりにくいかもしれないが」
「古びていく昭和への哀感がある。高度成長した昭和の時代が去っていく寂しさ」
「バナナは昭和の象徴だろう。琥珀色の中に死んでいく昭和」
「“置き去り”のバナナと“昭和”の取り合わせに無理矢理感があるが、発想は面白い」
「“となる”が不自然」
などの感想、意見がありました。
恩田は、
「“意味”に還元していないところが良い。昭和の時代へのノスタルジア、ペーソスを感じ、説明できないニュアンスがある。それは良い句の条件でもある。季語が効いており、面白い感性だ。哀惜の情はあっても、昭和の時代への政治的な批判精神はない。哀惜の情を詠うとき批評は邪魔になる。昭和史の中に眠ろうとするあまたのエピソード。その人固有の体験を呼び覚まそうとしている」
と講評しました。

〇虹立つやミケランジェロの指の先 塚本敏正

「リズムがすがすがしい。気持ちのいい句」
「私は “ピエタ”が好き。ミケランジェロの指から虹が立っている。本物の虹との二重イメージの句」
「ミケランジェロその人の指ではなく、真っ白な大理石の彫刻の指。例えば、巨人ゴリアテへ投げる石を持ったダビデの手を想像させる。虹は希望の象徴」
「“ダビデの像の”と作品を特定すれば、特選でいただいたのに」
との感想、意見。
恩田は、
「そのままミケランジェロの指と読むべきだ。固有名詞が効いている。例えば“草間彌生の”とすると“虹”と相殺してしまう。ミケランジェロだからこそルネッサンスの時代精神を体現し、芸術賛歌になっているし人間賛歌にもなっている。ミケランジェロの作品名を載せるとそこに収斂してしまう。ここにはエコーのような多層構造がある」
と講評しました。

【原】スコール過ぎバナナの下に水平線 佐藤宣雄
恩田は、
「迫力のある句。景色に重量感と立体感があるが、上五を変えたい」
と講評し、次のように添削しました。

天霽(は)るるバナナの下に水平線

作者は、
「“スコール”を入れないと分からないかなと思った。パプアニューギニアで見た光景です」
と語りました。

【原】バナナ喰ひて死なむと言ひし戦さの日々 西垣 譲

photo by 侑布子
photo by 侑布子

合評では、
「まもなく命が尽きるとき、最後に“これを食べたい”という欲望が出てくる。昔バナナは風邪をひかないと食べられなかった。戦争体験が背景にある」
「五七五に収まりきらず、内容は短歌的のように感じた。“切れ”はないが、一気に読み共感した」
「“喰ひ”のほうが良いのでは?」
などの感想と意見が出ました。
恩田は、
「生きるという実感のある句。“喰ひて”の字余りは問題ない。“喰ひ”だと“死なむ”に繋がっていかない。むしろ“日々”を変えたい。このままだと長いある一定の期間となり、理屈に解消し思い出話になってしまう。“あの時”という切実感を出したい」
と講評し、次のように添削しました。

バナナ喰ひて死なむと言ひし戦さの日

[後記]
恩田侑布子の句集『夢洗ひ』が、平成29年度の現代俳句協会賞(第72回)を受賞しました。芸術選奨文部科学大臣賞とのダブル受賞です。句会冒頭、樸俳句会一同でお祝いを申し上げ、大きな拍手を送りました。連衆にとって励みになることです。

onda_0707

photo by 侑布子
photo by 侑布子

今回の兼題の「バナナ」について話が盛り上がりました。句会参加者の年齢層にあっては、当時のバナナは高級品。一日3本以上食べることもあるという人もいて、健康談義にまで広がりました。皆さんそれぞれ思い入れがあって句作に取り組んだようです。
次回兼題は、「空梅雨」と「トマト」です。
(山本正幸)

photo by 侑布子
photo by 侑布子
特選
虹の橋袂めざして走れ走れ                       久保田利昭
 虹の脚や虹の根はよく俳句にされるが、「虹の橋の袂」は盲点かもしれない。しかも座五に「「走れ走れ」と命令形を畳み掛けたところがユニーク。一読して、あまりにも楽天的な向日性を思う。が、一句の異様な無音に気付くや、世界は一転、不気味な悪夢のように思えてくる。走った末に行き着くところは虹の橋ではなく、袂にすぎない。しかも掴むことも登ることもできない幻かもしれない。それなのにひたむきに走る。もしかしたらこれは、底無しの虚無ではないか。楽天と虚無がメビウスの環のような階段になったエッシャーのだまし絵のような俳句。

photo by 侑布子
photo by 侑布子
特選
アリランの国まで架けよ虹の橋                        杉山雅子
 「アリランの国」という措辞がよく出たと感心した。何か他の国を象徴するもので代用できないか考えてみたが「「サントゥールの国」では甘くなるし、「ウォッカの国」では虹が生きない。アリランは動かない。日本は韓国侵略の歴史をもち、近年は一部の人によるヘイトスピーチもある。また民族分断という悲劇の歴史も継続している。作者は隣国の庶民に深い共感を寄せ、幸せを祈る。それは自身が少女時代に戦争を体験したことも大きいだろう。アリランという哀調の民謡を唄う庶民に人間として共感を惜しまず、この虹を隣国まで架けようという心根は美しい。視覚的にもチマの鮮やかな遠い幻像に、大空の虹が濃淡をなして映発し合う。
(選句・鑑賞 恩田侑布子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です